家族だからこそ…。親族のみの結婚式で気を遣いたいこと 3選!

好き嫌いやアレルギー… 料理の好みをチェック!

友人や仕事関係者も呼ぶ、大規模で華やかな結婚式・披露宴も良いですが、親族のみでこじんまりと行う式も、落ち着いて良いものです。親族のみだとあまり気を遣わないのがメリットですが、逆に言えば、そのぶん家族ならではの気遣いやおもてなしが出来るのではないでしょうか。例えば、家族ですから料理の好みも分かっているので、家族の好物を出せばとても喜んでもらえそうです。また、アレルギーの有無についても、家族なので聞き出しやすいはずです。

子供たちを退屈させないよう…おもちゃや絵本を用意!

親戚の子供たちが出席した際、長い式に飽きてしまい、ぐずったり歩き回ったりして親が手を焼く…ということも考えられます。そんな場合には、子供たちが飽きないように、料理をお子様ランチにしたり、おもちゃ・絵本などを用意してあげるのはどうでしょう?そうすれば、子供たちにとっては思いがけないプレゼントになり、喜んでくれそうですよね。また、そのプレゼントがあることで、彼らにとって式が記憶に残るものとなるかもしれません。

花束だけでなく…両親の好きなものをプレゼント!

友人や職場の人を呼ぶ大規模な式では、披露宴の最後の演出などで、両親に花束のみ贈る…ということが多いですよね?花束以外にあっても感謝の手紙などを贈ることもありますが、他人がいる前で家族に「身内にしかわからない、好みのもの」を贈りにくい…というところがあるかもしれません。しかし家族だけの式なら、そんな心配も無用です。家族だからこそ知っている、「好きなもの」を気兼ねなくプレゼントしてあげられるでしょう。

結婚式なら親族のみ、という人が増えてきています。本当に身近な親族のみで式を行うことができ、費用もお手頃で済む利点があります。